エシカルで革新的なテーブル(家具のご紹介)

エシカルで革新的なテーブル(家具のご紹介)

2021.7.8

抽出後のコーヒー豆。

通常は廃棄されてしまうが、ゼロウェイストhttps://why-kamikatsu.jp/帰りの左官職人Reita MORIYAは、持ち前の材選とスキルで文字通りコーヒーテーブルを作ってしまった。

アートモリヤのアトリエ(湘南:藤沢の古民家)に集まる仲間の一人バリスタの『スギちゃん』監修のもと、挽きの大小やエスプレッソ粉での色付けなど細部にまで拘った。
(試しに制作したサンプル)
基材はイタリアの左官材料オルトレマテリア。
http://oltremateria.kobayashi-ind.com/

大理石や石英をリサイクルした材料で、環境に良いのはもちろんのこと強度と柔軟性に優れているためテーブルや床、壁と場所を選ばず、ライフサイクルも長く保ちます。
HACCPを取得しているので特にテーブルやキッチン、カウンターにはお勧めです。

クオリティ担保、ブランド価値を向上していくため、国内でも限られた施工者しか扱うことのできない珍しいマテリアルとなります。
アートモリヤはオリジナルプロダクトの家具や多様な施工実績があります。
天然藍(indigo)を使った”Earth Table”はポルトガルのインテリアデザインマガジンに掲載されました。

話がそれましたが、ごみ問題、廃棄方法の悩み。
それらを解決し、さらにテーブルとしてアップサイクルされる素晴らしいです。
『バリスタ監修の家具』ってのがまた良いですね。

今回コーヒー豆をご提供くださったのは、湘南でプライベートな時間と空間を見つけられるお店”The C”さん
https://thecforcollective.com/
店舗内装でお手伝いさせて頂いている、海沿いのとっても素敵な空間。
エコフレンドリーな内装仕上げは、人に緩やかな時間と贅沢な居心地を与えてくれます。

今回のコーヒーテーブル(カフェテーブル)、普通にめちゃくちゃかっこいいです。

現物をご覧になりたい方は、アートモリヤのアトリエまで!!
目黒区祐天寺のラボにもサンプルは持っていこうと思っています。

湘南アトリエ 藤沢市大鋸960-2
東京ラボ   目黒区祐天寺1-31-1

お問い合わせは info@artmoriya.com

Reita MORIYA